株式会社セック



セックは、ユビキタス社会の究極の端末はロボットであると考え、ロボットの研究開発に取り組んでいます。

特に、ロボットのコンポーネント化技術であるRTミドルウェアに注力し、RTミドルウェアを軸としたロボットの研究開発、ビジネス開拓を進めています。

ロボットのコンポーネント化(部品化)と規格化を進めることで、ロボット開発の高コスト構造の脱却を促し、ロボット開発の推進と普及につなげてくことが狙いです。

RTミドルウェアとは

RTミドルウェアは、ロボットを構成する要素(アクチュエータやセンサなど)やロボットを制御するソフトウェアを、コンポーネントとして部品化するための技術です。

RTミドルウェアを利用することで、部品化されたソフトウェアコンポーネントを組み合わせるだけで、多様な機能を持つロボットシステムを容易に構築することができます。

RTミドルウェア技術が提唱するソフトウェアコンポーネントのモデルは、2008年4月に国際標準化団体OMG(Object Management Group)にて、「ロボット用ソフトウェアのモジュール化に関する標準仕様」として採択されました。

主な研究開発活動

ロボットの標準化活動、経済産業省やNEDOからの受託研究開発、大学や研究機関・ロボット開発メーカーからの受託開発を中心に、自社ビジネスへの取り組みも推進しています。

また、ロボットビジネスの推進には、RTミドルウェアの普及促進が不可欠であると認識しており、学会発表や執筆活動、各種講演会での講師などを積極的に務めています。

こちらのページもご覧ください。