日本保険医療大学、AI文字起こしスマート書記を導入で工数7割減

画像:スマート書記より引用

日本保健医療大学は2022年11月17日、会議録音データなどの音声データを高精度で文字起こしする人工知能ツール「スマート書記」を導入し、議事録作成に費やす工数の約70%削減を目指すと明らかにしました。

スマート書記とは、エピックベース株式会社が開発したクラウド型の音声文字起こしサービスです。中心的機能である音声認識による文章化(文字起こし)に加えて、録音やアップロード、メモにタイムスタンプ機能を備えており、これらを専用のエディターで一元管理が可能とのこと。また、タイムスタンプを駆使することで、重要な発言を強調したり、音声とメモを紐づけ発言者を把握しやすくすることも可能としています。

同大はスマート書記の導入により、発言録作成に必要な工数が約7割減ったとしています。従来、学内の講義は専門用語が多様されるため発言録作成に膨大な労力を費やさなければならず、これが発言録作成における課題になっていましたが、スマート書記の導入により担当者の負担軽減も達成できたとのこと。結果、より本質的な業務にリソースを割けるようになりました。

同大は今後、発言録作成について定着化を目指すとのことです。

参照日本保健医療大学、AI活用の文字起こしサービスで発言録の作成工数を最大7割削減

参照音声×AIで議事録作成を自動化・効率化/スマート書記

メルマガ登録はこちら

急速に進化するロボット分野の最新情報を配信中です!

cta2

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。







    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします