京セラ、幕張新都心で全国初の自動走行ロボットで移動販売

画像:京セラコミュニケーションシステム株式会社より引用

京セラコミュニケーションシステム株式会社は2022年7月27日、千葉県千葉市の公道にて自動走行ロボットを活用した移動販売事業の実証実験計画を公開しました。

同社によると、実験は千葉市美浜区の幕張新都心地区で、2022年7月27日~8月10日にかけ巡回走行する予定です。投入されるロボットは移動販売用に温冷蔵機能を搭載したもので、時速約15kmほどで完全自動および遠隔操作走行に対応しています。

情報によると、巡回エリアの複数個所に停車ポイントを設けており、ユーザーは停止位置に訪れることでサービスを利用できます。車両にはドリンクやゼリーなど夏向けの商品や冷蔵に向いたお菓子などが積載されており、ユーザーはタッチパネル通じて欲しい商品を選択し、スマートフォンの電子マネーで支払うことで欲しい商品を購入できるとのことです。

全国初の移動販売、技術活かしたまちづくり目指す

同社は2021年8月~2021年9月に石狩市で、2022年3月には幕張新都心地区で自動走行ロボットによる配送実験をしているものの、自動走行ロボットによる移動販売は例がなく、全国発の事例になるとのこと。

同社は今回の実験を通じて用途や活動可能性、技術検証データを収集し、自動走行ロボットを活かしたまちづくりを目指すとしています。

参照自動走行ロボットが保冷しながら飲料や食品を販売 無人移動販売サービスの実証実験を千葉市で実施

メルマガ登録はこちら

急速に進化するロボット分野の最新情報を配信中です!

cta2

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。







    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします