ソフトバンク、有線給電ドローン無線中継システムを運用開始

画像:ソフトバンク株式会社より引用

ソフトバンク株式会社は2022年7月22日、東京工業大学および双葉電子工業株式会社とともに、ドローンを駆使して災害などで寸断された携帯電話通信環境を素早く復旧させる「有線給電ドローン無線中継システム」の運用開始を発表しました。

同社によると、同システムはワンボックスカーに積み込んだ無線装置や衛生モデムなど人工衛星とのネットワーク通信に必要な機器を、ドローンに搭載された中継装置と接続することで周囲の通信を受け入れるというもの。衛星通信を利用するため災害などで地上の中継機に障害が発生していても基地局との通信が可能で、被災時も速やかなネットワーク環境の提供が可能です。

従来、被災地での通信環境の整備には大がかりな機器が必要であったり、通信を受け入れる対応エリアが狭かったり、持続時間に課題がありました。

しかし、同システムはワンボックスカー1台で運用可能なほどコンパクトでありながら、ドローンによる空中通信に対応するため半径3km~5kmほどの通信エリアに対応可能とのこと。さらに地上機材とドローンは光ファイバーや有線給電で結ばれるため、快適なLTE通信を連続100時間ほど提供可能です。

なお、ソフトバンク社によるとシステムは2020年6月の電波法関連審査基準を満たしており、公表時点で運用可能な状態にあるとのこと。同社は2022年7月より運用開始を発表しており、災害発生時の安全確保や状況把握に大きく寄与するものと見られます。

〈参照〉災害時にサービスエリアを迅速に復旧するための有線給電ドローン無線中継システムの運用を開始/ソフトバンク株式会社

メルマガ登録はこちら

急速に進化するロボット分野の最新情報を配信中です!

cta2

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。







    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします