12月20日よりドローン事前登録がスタート!違反者には罰則も

画像:国土交通省より引用

国土交通省はこのほど、2020年6月に公布された改正航空法による国内を飛行する原則全ドローンの登録を義務付ける「機体登録制度」の制度内容を明らかにしました。

公開された情報によると、登録制度の対象となるのは100g未満の機体および研究開発中の機体など一部例外を除く全ドローンです。ドローンが普及して以来、航空法違反事例や違反と見られる運用が多数発生しているため、規制に至ったとしています。

国土交通省によると、ユーザーは専用に用意されたドローン登録システムにアクセスすることで機体登録を受けられます。登録すると登録番号が交付され、これを遠隔識別を可能にするリモートIDを機体に搭載することで運用が認められるとのことです。

なお、登録は郵送またオンラインに対応しており、申請形式や提出書類によって900円~2,400円の手数料がかかります。

違反者には1年以下の懲役罰則

国土交通省によると、今回の機体登録制度には違反者に対する罰則が設けられています。

具体的には登録義務を怠った者に対して50万円以下の罰金または1年以下の懲役が課されるとのこと。

登録制度は2021年12月20日よりスタートしますが2022年6月19日までは経過措置が設けられており、期間中に登録することで運行が可能とのことです。

参照無人航空機の登録制度

メルマガ登録はこちら

急速に進化するロボット分野の最新情報を配信中です!

cta2

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。







    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします