オートバックスがAIカメラで交通調査、費用負担軽減などに期待

画像:株式会社オートバックスセブンより引用

株式会社オートバックスセブンは2021年11月16日、大分県大分市にて人工知能を搭載した監視カメラによる交通量調査「AIカメラによる交通量調査実証実験」を実施したと明らかにしました。

オートバックス社によれば、実験は地域社会の活性化および県民サービス向上に関する大分県との包括協定により実施するもので、従来は人間が行っていた交通量調査を人工知能が担うことになる形です。

実験内容は大分市賀来西の往来に備え合計2台のAIカメラを設置し、期間中12時間の交通量調査を実施するというもの。得られたデータをもとに精度を確認し、実用性を検証するものと見られます。

将来的には民間事業にも活用視野

オートバックス社はAIカメラによる交通量調査について、人手不足の解消や業務の効率化およびコスト削減など多方面のメリットがあるとしています。

実際、従来の交通量調査は実施法人が調査員を臨時募集する形で進められていましたが、AIカメラによる代替が進めば、こうした費用負担を大幅に圧縮できるものと見られます。

なお、同社はAIカメラは将来的には商業施設や集合住宅、店舗出店に向けた事前調査にも利用できると見ており、映像から個人情報を削除したオープンデータ化などの検討も進める方針です。

参照AIカメラによる交通量調査、大分県にて実証実験

メルマガ登録はこちら

急速に進化するロボット分野の最新情報を配信中です!

cta2

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。







    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします