JAみっかび、人工知能によるみかん選果

画像:三ヶ日町農業協同組合より引用

JAみっかびは2021年11月6日、新設したみかん選果場にて人工知能を使ったみかんの選別を経た初出荷を実施しました。

情報によると、新設選果場に装備された人工知能はみかんの外観をアルゴリズムにより分析するというもの。

また、選果場では内部品質センサーを用いて糖度を調べ、出荷に適した果実を自動で選別するとのことです。

効率性アップへの期待

果実の分析業務は従来、人間の手により行われていました。

しかし、人工知能の導入により正確かつスムーズな選別が期待されるとのこと。

同選果場には2021年11月6日、約50トンのミカンが持ち込まれましたが、選果は進んでいるものと見られます。

参照AIで選別!新柑橘選果場でミカンの初集荷 静岡・三ケ日

メルマガ登録はこちら

急速に進化するロボット分野の最新情報を配信中です!

cta2

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。







    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします