Telexistence株式会社、ファミマ飲料補充にロボット投入

画像:Telexistence株式会社より引用

ロボティクス企業のTelexistence株式会社は2021年11月2日、ファミリーマート経済産業省店バックヤードに同社独自の人工知能Gordonを搭載したロボット「TX SCARA」を導入したと明らかにしました。

同社によると、「TX SCARA」が投入されるのは低温かつ販売機会の多い飲料補充エリアです。

同エリアは1日に1,000本以上の補充を必要とするケースもある上に、常に低温環境にあるためバックヤード業務のなかでも負荷が大きく、ロボットによる自動化により従業員の負担を軽減できる見込みがあるとのこと。更に「TX SCARA」は24時間補充が可能なため、人間より高効率でサービスを提供できるものと見られます。

遠隔操作や売れ筋対応なども可能

「TX SCARA」はバックヤードの狭いスペースで活動できるように、水平方向に幅広く作られたロボットです。

通常時は人工知能Gordonが制御しており、不足している商品を自動で補充する能力を有しているとのこと。また、遠隔操作機能も搭載しているため、エラー発生時は人間によるオペレーション対応も可能です。

また、Gordonは店舗の過去の販売実績などを学習する能力を持っています。シーズンや時間に応じて陳列タイミングに変化をつけるなど、売上アップにも貢献できる可能性も見込まれます。

参照Telexistence、新型ロボット『TX SCARA』を開発し「ファミリーマート経済産業省店」に導入。バックヤードにおける飲料陳列業務を独自AIシステムで自動化。

メルマガ登録はこちら

急速に進化するロボット分野の最新情報を配信中です!

cta2

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。







    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします