高精度位置情報活用でバス運賃自動決済、鳴門市で実証実験

画像:徳島バス株式会社より引用

KDDI株式会社や徳島バス株式会社、株式会社ジェノバおよび株式会社アクアビットスパイラルズは2021年10月15日、徳島県鳴門市の観光型MaaS「くるくるなるとデジタル周遊チケット」の一環として、高精度位置情報を活用したバスの運賃自動決済システムの実証実験を開始しました。

観光型MaaS「くるくるなるとデジタル周遊チケット」は鳴門公園など観光スポットを中心に展開中のサービスで、エリア内のJRやバスなどの交通サービスや観光名所への入場料をスマホ決済(事前に支払い方法を選択)で可能にするというものです。

4社が今回導入するのは同サービス内で実施する「バス スマホタッチ支払い」の一環で、乗車時に読み取るNFCプレートと高精度GNSS測位機能を組み合わせて乗客の乗車距離を識別し、降車時のスマートフォン決済を実現。観光客にとって手間であった各種インフラ利用料の支払いを簡略化する狙いがあるとしています。

コスト面で交通ICに勝るか

4社は「バス スマホタッチ支払い」における導入側のメリットとして、導入コストや維持コストの低さをあげています。

同システムはSuicaなどの交通系ICカードと競合する部分がありますが、4社は今回のシステムは交通系ICと比べて初期導入コストや維持コストが低く抑えられると言及。

さらに非接触・非対面を前提としたシステム構成のため、アフターコロナにおける感染症対策重視の社会にも適合するとしています。

参照【鳴門MaaS】くるくるなるとデジタル周遊チケットについて

メルマガ登録はこちら

急速に進化するロボット分野の最新情報を配信中です!

cta2

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。







    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします