JR西日本ら2社が、日本初の自動運転隊列走行の実装目指す

画像:西日本旅客鉄道株式会社より引用

西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)とソフトバンク株式会社は2021年9月27日、自動運転と隊列走行技術を組み合わせた複数のバスによる隊列走行を目指した「自動運転・隊列走行 BRT」の実証実験をスタートすると明らかにしました。

実験は2021年10月より、滋賀県野洲市に用意した専用テストコースで実施する予定とのこと。両社は2020年3月より次世代モビリティサービスの社会実装を目指し「自動運転・隊列走行 BRT」の開発を進めていましたが、これが実を結んだ形です。

隊列走行とは、例えば自動運転技術による先頭のトラック車両を後続車両が追尾するといったものです。両社は今回の実験において「連節バス・大型バス・小型バス(いずれも自動運転車)」からなる異なる3種類の規格車両を用いて実施する方針で、実験を通じて技術の確立とシステムの標準化を進めるとしています。

次世代モビリティサービスとしての社会実装目指す

JR西日本ら2社は、今回からスタートする一連の実証実験を通じて「自動運転・隊列走行 BRT」の実現に必要な、様々な技術を検証する計画です。

両社が明かしたところによると、具体的には、自動運転および隊列走行に関する車両技術検証を行うほか、隊列走行に適した地上環境の検証など、走行に必要な条件を検証するとのこと。また、乗降場への正着や車両のコントロールなどに必要な遠隔操作用の設備運用やこれらに対する事業性も検討するとしています。

なお、両社は実証実験後、専用道路を用いた自動運転技術として、2020 年代半ばをめどに次世代モビリティサービスとして社会実装を進める方針です。

参照JR 西日本とソフトバンク、「自動運転・隊列走行 BRT」の実証実験を開始

メルマガ登録はこちら

急速に進化するロボット分野の最新情報を配信中です!

cta2

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。







    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします