ホンダがGMら3社とクルーズAV技術実証、9月に宇都宮市内で実施計画

画像:本田技研工業株式会社より引用

本田技研工業株式会社は2021年9月8日、米国GMクルーズホールディングスおよび米国GMと共同で進める自動運転モビリティサービス事業の国内展開に向け、技術実証実験を開始すると発表しました。

同社によると、今回の実験は以前から締結していたモビリティサービス事業に関する協業に基づき行われるもので、2021年9月中に栃木県宇都宮市および隣接する芳賀町で開始する予定とのこと。

3社は走行実験を行う前に地図作成車両で高精度地図を作成する予定で、これをベースに3社で共同開発した自動運転車「クルーズAV」による走行実験を行う計画です。また、栃木県内の本田施設内に実証拠点を設置し、技術実証を推進するとのこと。日本の交通環境や関連法令に合わせた技術の完成を目指すとしています。

モビリティサービス国内展開目指し実験へ

本田技研らは今回の実験を通じて、将来的にモビリティサービス事業専用車両として開発する「クルーズ・オリジン」を活用したモビリティサービスの国内展開を目指しています。

国内での運営はホンダ子会社のホンダモビリティソリューションズ株式会社が行う予定とのこと。本田技研はモビリティサービスの展開に伴い、移動と暮らしの新価値創造を目指すとしています。

参照日本での自動運転モビリティサービス事業実現に向け、技術実証を9月中に開始

メルマガ登録はこちら

急速に進化するロボット分野の最新情報を配信中です!

cta2

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。







    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします