WILLER株式会社ら、名古屋都心で全国初の自動運転バス長期間実験

画像:WILLER株式会社より引用

WILLER株式会社はこのほど、名鉄バスや名古屋工業大学およびイオンタウンとともに2021年8月18日~2021年10月29日にかけて、名古屋大学医学部付属病院やイオンタウン千種が連なる名古屋市鶴舞公園周辺エリアの公道を利用した自動運転バス「Nanamobi(ナナモビ)」の走行実験を実施すると発表しました。

今回導入される自動運転バス「ナナモビ」は、フランスの自動運転車両メーカーNAVYA社の自動運転バス「ARMA」を名古屋風にデザインした車両です。同車はセンサー等を搭載し自動運転システムを備えるだけでなく、完全電気自動車として稼働するためのバッテリーも装備するなど次世代型車両としてのパフォーマンスを有しています。

WILLER株式会社によると、非常時に備え運転手が搭乗するものの、基本的に自動運転システムにより行うとのこと。直進や加速減速だけでなく、右左折もシステムが処理できるとしています。

全国初の都市部での長期間走行実験

自動運転車の実証実験は日本全国で進められており、実験そのものは目新しいものではなくなりました。

しかし、今回の実証実験は愛知県のなかでも都心部である名古屋市での開催です。実験現場となる鶴舞周辺は交通量も多く、難易度の高いエリア。WILLER株式会社らは今回の実験を「自動運転バスが都心部を長期間走行するのは全国初」と評し、都市部における自動運転技術の活用例を検証するとしています。

なお、今回の実験は一般参加可能な試乗体験イベント(完全予約制・料金無料)です。ルートは鶴舞駅~イオンタウン間を結ぶ「鶴舞駅ルート」と名古屋工業大学~イオンタウン間を結ぶ「名工大ルート」の2ルートが用意されています。

参照【愛知県】全国初!約3か月間、都心の道路を自動運転バスが走行します!試乗予約受付中

メルマガ登録はこちら

急速に進化するロボット分野の最新情報を配信中です!

cta2

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。







    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします