ペッパー君活用してVPP実現、クリーンエネルギーの効率運用へ

画像:ソフトバンクロボティクス株式会社より引用

ソフトバンクロボティクス株式会社、SBエナジー株式会社および東急不動産株式会社は2021年7月26日、ソフトバンクロボティクスが開発するロボット「ペッパー」や「サービィ」、「Whiz i」などを組み合わせた仮想発電所「バーチャルパワープラント(VPP)」の実証実験を行うと明らかにしました。

VPPとは、複数の小型発電所や蓄電池をまとめて管理することで、仮想的な巨大発電所を構築する技術です。コーディネーターが需要と供給のバランスを考慮し電力リソースの分配を指示することで、安定的な電力供給を実現します。

今回ソフトバンクロボティクスは、東急不動産が開発を進める「東京ポートシティ竹芝オフィスタワー」にて、このVPP実験を行うとしています。

太陽光パネルとロボットを組み合わせVPPを実現

VPP環境の構築には、少なくとも発電と蓄電の2つのリソースが必要です。

同社は今回の実験において、複数の太陽光パネルとロボットたちを利用すると発表しています。すなわち、各所に配した太陽光パネルから生まれた余剰電力を発電リソースとして活用し、同社の「ペッパー」、「サービィ」、「Whiz i」の各1体が蓄電リソースとして電力を保有する役割を担うとのこと。

ロボットの蓄電リソースにおいては「現時点で該当機種がどのくらい電力を保有できるか?」を表示するための計算用仮想バッテリーを構築することで、無駄のない電力運用を実現する方針です。VPP側でこれらを管理し、充電する機種を指示するとしています。

参照ロボットを活用したバーチャルパワープラントシステムによる充電シフト実証について

メルマガ登録はこちら

急速に進化するロボット分野の最新情報を配信中です!

cta2

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。







    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします