八戸市、多言語に対応するため人工知能搭載のタブレット端末導入

画像:コニカミノルタ株式会社より引用

青森県八戸市はこのほど、言語の壁により市民サービスを利用できずにいる外国人に対応するため、人工知能を搭載したタブレット端末の導入を決定しました。

背景には、市内における外国人人口の増加があります。

八戸市では技能習得を目的とした実習生らが急増しており、ここ4年間では3割以上増加している状況とのこと。一方で、言語が多様化し、十分にサービスをできない状態が懸念されていました。

人工知能搭載で30言語以上に対応

今回八戸市が導入した端末は、日本の電機メーカーであるコニカミノルタ製のタブレット端末です。

端末には人工知能が搭載され、30言語以上の音声翻訳に対応しているとのこと。また、端末にはオペレーターを呼び出し遠隔翻訳する機能も備えているため、機械翻訳で対応しきれない場合も、市庁舎でコミュニケーションを取ることが可能です。

八戸市は導入について、「躊躇していた方にも相談も気軽にしてほしい」とコメント。サービスの利用を呼びかけました。

参照八戸市庁窓口に多言語翻訳システム/外国語も対応スムーズ

メルマガ登録はこちら

急速に進化するロボット分野の最新情報を配信中です!

cta2

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。







    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします