ゼンリン、観光型MaaSの実現に向け長崎市で日立と協業

画像:株式会社ゼンリンより引用

地図情報などで知られる株式会社ゼンリンは2021年5月21日、長崎市における移動型モビリティを観光振興や地域活性などに活用する「観光型MaaS(Mobility as a Service)」実現のため、株式会社日立製作所と協業開発すると発表しました。

発表によると同社は2021年3月23日、県や市とともに観光型MaaSの実証実験を計画。今回は実証実験に向けて日立製作所とともにMaaSの中核となるサービス基盤を開発するとのこと。

開発されたサービスはユーザーにアプリとして提供する見通しで、地図情報とデジタルチケッティング、電子決済技術など両社の強みを組み合わせ、ユーザーの位置情報に基づいて市内の観光名所を紹介したり、目的地に至るまでの交通機関のチケット購入などを可能にするとしています。

行動データ集めサービス品質の向上へ

今回の実証実験におけるゼンリンの狙いの一つは、観光客の行動実態を洗い出し、よりユーザーに添ったサービス提供を目指すというものです。

同社は提供するアプリを通じて観光客の移動や購買実態を地図データとして集め、店舗やサービスのレコメンド機能に落とし込むとのこと。ある目的地に向かう経路において、ユーザーと似た利用者層が好ましいと感じる飲食店や関連施設を紹介したり、観光名所を案内するなどの働きが期待されます。

なお、同社は今回実験を進める「観光型MaaS」について、将来的には全国展開を目指すと説明しています。

参照地図情報とデジタルチケッティング・決済技術を組み合わせ、新たな観光型MaaS基盤の開発を目指す

メルマガ登録はこちら

急速に進化するロボット分野の最新情報を配信中です!

cta2

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。







    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします