山万株式会社、顔認証技術利用した路線バスの実証実験を開始

画像:山万株式会社より引用

不動産事業や鉄道事業などを営む山万株式会社は2021年5月10日、千葉県佐倉市ユーカリが丘を運行している路線バス「ユーカリが丘コミュニティバス」において、顔認証技術を利用した乗車システムの実証実験を開始すると発表しました。

山万株式会社によると、今回試験導入される乗車システムは、パナソニックの顔認証技術とジョルダン株式会社のチケット管理システムを連携させたもので、利用者の顔を認識して電子決済を行うというもの。

現金や定期券の提示など従来決済からの切り替えとなる今回のシステムは、子どもや高齢者にとって利用しやすい環境作りに役立つほか、非接触・非対面が求められるニューノーマル社会にも適合したシステムです。同社は実験結果から正式導入に向けた課題を洗い出し、本格導入を目指すとしています。

鉄道にもシステム導入。「ユーカリが丘版MaaS」の実現へ

山万株式会社は今回の実験対象となる乗車システムについて、今後、ユーカリが丘を走る山万ユーカリが丘線にも導入するとしています。

また、同社は将来的に、パーソナルモビリティや自動運転バスの運行、ドローンタクシーなどの提供も検討していると説明。IoT技術を駆使した交通インフラを町全体に拡充し、「ユーカリが丘版MaaS」の実現を掲げています。

参照ユーカリが丘コミュニティバスでの顔認証乗車システム実証実験を開始します。

メルマガ登録はこちら

急速に進化するロボット分野の最新情報を配信中です!

cta2

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。







    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします