セブンイレブン、自律走行ロボット「RICE」による異フロア間配送実験

画像:株式会社セブン‐イレブン・ジャパンより引用

株式会社セブンイレブン・ジャパンは2021年4月20日、同社店舗が入居する「東京ポートシティ竹芝オフィスタワー」内にて行ってきた、自律走行型配送ロボット「RICE(ライス)」による自社商品配送サービスの実証実験を本格実施すると発表しました。

「RICE(ライス)」とは、アスラテック株式会社が開発した自律走行型ロボットです。

人や障害物を検知して衝突を避けることができる自律走行能力のほか、IoT通信対応のエレベーターと連携する能力を有しているため、同フロア間での移動だけでなく、異なるフロア間の移動を可能にしています。

「異なるフロア」での配送実験

セブンイレブン・ジャパンは今回の実験で、特にライスが持つエレベーターとの連携機能を利用した「異なるフロア間の配送実験」を行うとしています。

同社は2021年1月より、ソフトバンク社とともに同フロア間での配送実験を進めてきました。今回の実証実験ではその範囲を拡大し、「異なるフロア」での配送を実験対象にするとのこと。

具体的には、スタッフが商品をライスに乗せると、ライスが目的地まで自動配送。商品到着後は注文者に暗証番号を通知して、商品の受け渡しを行うとのことです。

参照自律走行型配送ロボット「RICE」でセブン‐イレブンの商品を屋内で配送する実証実験

メルマガ登録はこちら

急速に進化するロボット分野の最新情報を配信中です!

cta2

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。







    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします