アイリスオーヤマとSBロボティクスがロボット関連合弁会社を設立

画像:アイリスオーヤマ株式会社より引用

大手生活用品メーカーのアイリスオーヤマ株式会社は2021年1月27日、ロボティクス関連企業のソフトバンクロボティクスと共同記者会見を開き、ロボット開発を手掛ける新たな合弁会社「アイリスロボティクス」を設立すると明らかにしました。

発表によると、アイリスロボティクスは新型コロナウイルス蔓延下における重要なテーマである「非接触化」を念頭に、業務用清掃ロボットや配膳ロボットなどを展開する予定とのこと。

ホテルやスーパー、飲食店などの生活施設に加えて、医療介護分野など非接触環境の裾野は広く、両社は今後、幅広い業界展開を目指すとしています。

AIはソフトバンク、本体はアイリス

アイリスオーヤマもソフトバンクロボティクスも、それぞれ製品開発において得意分野を持つ企業です。

両社はアイリスロボティクスにおいて、その強みを活かす方針です。例えば新製品を開発する際、アイリスオーヤマがロボットの本体を製造し、ソフトバンクロボティクスがAI部分の開発を進めるとのこと。

アイリスロボティクスではこうした効率的な開発体制を整えることで、非接触・省人化といった社会的ニーズに応えるものと見られます。

参照アイリスオーヤマとソフトバンクロボティクスグループが合弁会社を設立「アイリスロボティクス株式会社」~法人向けサービス・ロボット事業を本格展開~

メルマガ登録はこちら

急速に進化するロボット分野の最新情報を配信中です!

cta2

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。







    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします