サムスン電子、CES2021で家事支援型ロボット「Bot Handy」を紹介

画像:SAMSUNGより引用

韓国のサムスン電子はこのほど、米国の世界最大規模の家電見本市「CES2021」にて、家事支援型ロボット「Bot Handy」のプロモーション動画を公表しました。

発表された動画では、「Bot Handy」はシンクの洗い物を識別して食洗器で洗ったり、床に落ちた洗濯物を識別して洗濯機に投入する、空いたグラスにワインを注いだりするなど、さまざまな家事をこなします。

ロボティクスに大きな力を注いできた同社によると、これは「Bot Handy」に搭載されたAIのなせる技。「Bot Handy」に搭載されたAIは、物体の形状だけでなく、重さや素材を判断し、これらの動作を可能にしているとのことです。

バリエーションも豊富

サムスン電子は「Bot」をシリーズ化し、複数種のロボットを生み出しています。

例えば、今回紹介した家事支援型ロボット「Bot Handy」以外にも、人の行動を支援する「Bot Care」も発表しています。「Bot Care」は人間の行動を観察し、必要なタイミングで音楽を流したり、あらかじめ登録したスケジュールをリマインドするなどの機能を備えているとのこと。

将来的には、これらのロボットが相互に連携し、私たちの生活をサポートする世の中になるかもしれません。

参照Samsung@ces2021

メルマガ登録はこちら

急速に進化するロボット分野の最新情報を配信中です!

cta2

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。







    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします