無人警備・消毒ロボット「パトロ」が地下街での実証実験

画像:無人警備・消毒ロボ「PATORO」/株式会社ZMPより

自動運転ロボット・ラクロシリーズなどで知られる株式会社ZMPは2020年11月19日、同社が展開する警備型の自動運転ロボット「PATORO(パトロ)」が、新宿サブナード株式会社の新宿サブナード館内でデモンストーレションする様子を公開しました。

情報によると、パトロはサブナード館内における新型コロナウイルス対策として、消毒活動などを担うとのこと。新宿駅直結の地下1階において、あらかじめ設定されたコースを巡回しながら、通路や床面、防火設備のドアノブなどを消毒して回る役割が期待されています。

関係先によると、日中の人の往来がある中でロボットによる消毒デモは、今回が日本初のケースになるとしています。

センサーが人を認識し自動で回避

開発元のZMP社によると、デモで利用されるパトロは、幅65cm、長さ80cm程度の小型自動運転ロボットです。今回は人間が往来する中でのデモンストーレションとなるため、設定ルート通りに進行する能力だけでなく、人間に合わせた移動スピードや交通を阻害しない回避能力が求められます。

しかし、ZMPによるとパトロは時速は6kmが設定され、これは人間が歩くスピードとほぼ同じとのこと。また、搭載されたセンサーやカメラは空間を認識する能力を有しているため、人間の動きを認識し、パトロ側が回避する能力を有しているとしています。

さらにパトロ前面に目を表示させたり、人の声に対して音声対応させることで、現実の交通において欠かせない、コミュニケーション性を高めるよう配慮されているとのことです。

参照日本有数の繁華街にある地下街初 新宿サブナードにて 無人警備・消毒ロボット「パトロ®」の実証実験を行います!/株式会社ZMP

メルマガ登録はこちら

急速に進化するロボット分野の最新情報を配信中です!

cta2

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。







    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします