航続距離は1,000km、テラ・ラボの航空機ドローンに注目が集まる

画像:株式会社テラ・ラボより引用

愛知県春日井市に位置するドローン制作会社の株式会社テラ・ラボはこのほど、固定式の全長8mにも及ぶ翼を持つ、大型の航空機型ドローンのモックアップが完成したと明らかにしました。

同社によると、対象のドローンは航続10時間、航続距離1,000キロメートルの日本最大級の大型ドローンとなる予定。機体の大半は軽量で強度のある繊維系コンポジットを利用したほか、ウイングレット(航空機の翼の先端についているバランサー)を装着することで安定性を増すなど、随所に軽量化および安定飛行を実現する工夫が施されているとのことです。

主な顧客は、官公庁などを想定しているとのこと。山林測量や災害対応、国境警備などの需要を狙って、2022年度後半にも飛行実証を行うとしています。

高精度GPSに自動飛行も、国境警備の救世主となる可能性

日本における国境警備と言えば、多くのひとは尖閣諸島周辺を想定します。

今回テラ・ラボが明らかにしたドローンは、高精度カメラやセンサーを搭載しており、情報収集にも長けています。また、あらかじめ記録したルートを自動飛行する機能や人間の手を必要とせず自律飛行する機能も有しているため、有人飛行の負担軽減などが期待されているとのこと。

また、同社は今回開発しているプロペラ機とは別にジェット型の機体開発も進めているため、関係先などでは「日本版グローバルホーク」との呼び声も。ジェット型の機体は高度2万メートルにもなる見通しからか、同社は人工衛星のカバー用途も検討しているとのことです。

参照株式会社テラ・ラボ

メルマガ登録はこちら

急速に進化するロボット分野の最新情報を配信中です!

cta2

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。







    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします