ラーメンチェーン店幸楽苑が自動運転配膳ロボットの導入へ!

画像:株式会社幸楽苑ホールディングス

ラーメンチェーン店「幸楽苑」で知られる株式会社幸楽苑ホールディングスは2020年8月27日、同社が運営する「幸楽苑」にてAIを利用した自動運転配膳ロボット「K-1号(ケー・イチゴウ)」の実証実験を開始すると明らかにしました。

幸楽苑によると、ラーメン業界においては「K-1号(ケー・イチゴウ)」が日本初の事例とのこと。同機にはセンサーが搭載され、店内の人や物などの障害物をよけながら、ラーメンを配送する能力があるとしています。

なお、幸楽苑によるとケー・イチゴウの導入先は、福島県本宮町にある「幸楽苑 本宮店」とのことです。

タブレットで注文、料理をロボットが配送

新型コロナウイルスの蔓延に伴い、各産業界は「どのように感染症対策を実現するか?」で揺れています。

特に「食」を担う外食産業にとっては重要な課題で近年、配膳や配食などの分野において人工知能や自動運転技術を活用する事例が増えています。例えば、「やよい軒」や「ほっともっと」で知られるプレナスグループは、ご飯のお代わりを自動化する「ご飯おかわりロボ」の試験導入を決定。また、JR東日本スタートアップはZMPのロボット「デリロ」を活用し、駅そばの配送を自動化する試みを進めています。

幸楽苑においても、今回の「K-1号(ケー・イチゴウ)」とタブレットを組み合わせ、非接触型の接客を進めるとのこと。来店者がタブレットで入力した商品を、ケー・イチゴウが配送することで、「人と人が密接しない接客」を実現するものと見られます。

参照ラーメン業界に「配膳ロボット」登場へ! 幸楽苑が国内初導入/Yahoo!ニュース

メルマガ登録はこちら

急速に進化するロボット分野の最新情報を配信中です!

cta2

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。







この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします