600メートルの高層階も対応可能、消火用ドローン「EHang 216F」の実力

画像:EHang Holdingsより引用

中国企業で米国ナスダックに上場のドローンメーカーEHang Holdingsはこのほど、消火消防機能に特化した災害対応ドローン「EHang 216F」の開発を公表しました。

同社によると「EHang 216F」は、同社が展開する有人型マルチコプター「EHang 216」を改造し、150リットルもの消火剤と6個を搭載した大型ドローンです。その高度は東京スカイツリーよりも高い600mにも達し、高層ビルでの出火にも対応可能とのこと。

また、EHang Holdingsによると、「EHang 216F」には人の手を必要としないホバリング機能が搭載されているため、火災現場に到着後、オペレーターはカメラでの現場確認に集中できます。現場の窓を割るために使用するブレーカーや消火剤の発射口にはレーザー照準器が搭載されているため、狙った場所を正確に消火できるとしています。

都市部の火災に素早く対応

これまで、高層ビルでの消火活動は、消防車または消防ヘリの2パターンが主流でした。

ただし、消防車のホースでは50mほどが限界で高層階には届かず、また消防ヘリの出動には大がかりな準備が必要なため、相応の時間がかかるという欠点がありました。

このような現状において、高所作業への対応力と素早い行動力を兼ね備えた「EHang 216F」は、消火活動の新たな境地を切り開くと期待が寄せられています。

参照EHang Launches Intelligent Aerial Firefighting Solution/EHang Holdings

メルマガ登録はこちら

急速に進化するロボット分野の最新情報を配信中です!

cta2

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。







この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします