ファミリーマートがロボット導入、検品作業などを遠隔操作

画像:株式会社ファミリーマートより引用

株式会社ファミリーマートは2020年6月30日、同社が展開するフランチャイズコンビニエンストア「ファミリーマート」の一部店舗に、作業ロボットを導入すると発表しました。

同社が導入を決めた作業ロボットは、ロボット開発ベンチャー企業の「Telexistence」が提供している遠隔操作型のロボットです。コンビニ業務においては商品の検品や陳列業務を担うことができるとされ、人手不足問題の解消や人件費の削減など、コンビニ業界が慢性的に抱えている課題解決への効果が期待されています。

このため、ファミリーマート側は都内店舗に配置する計画を示したほか、2022年までに最大20店舗での導入を検討。立地制約を受けないスタイルでの事業展開を計画しているとのことです。

運用システムは「Microsoft Azure」がベースに

ファミリーマートによると、今回導入が決まった作業ロボットは、「Telexistence」社が開発するシステム「Augmented Workforce Platform」により運用が予定されています。

「Augmented Workforce Platform」は、ロボットがある特定の作業を担うために必要となるデータを運用する、拡張基盤システムです。

システムを支えるクラウドサービスには、「Telexistence」社とクラウド面での協業実績を持つ日本マイクロソフト株式会社の親会社であるマイクロソフト社の「Azure」が使用されました。

参照Telexistence、ファミリーマートとロボットの遠隔操作技術を活用した店舗運営システム構築に向け協業/株式会社ファミリーマート

メルマガ登録はこちら

急速に進化するロボット分野の最新情報を配信中です!

cta2

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。







この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします