DJIが産業用ドローンプラットフォーム「Matrice 300 RTK」を発表

画像:Matrice 300 RTKより

中国の大手ドローン開発企業「DJI」はこのほど、2020年5月中旬発売予定の産業用のドローンプラットフォーム「Matrice 300 RTK」を発表しました。

「Matrice 300 RTK」には、高性能AIによる6方位の検出機能や2人の操縦者によるデュアルオペレーターシステムなど複数の飛行制御機能が搭載されたばかりか、積載量やペイロードの伸長など、従来の機体よりハード面も大幅にスペックアップ。具体的には、積載量を上回る最大2,7kgという膨大なキャパシティを誇る上に、ペイロードは55分というスペックを実現しています。

導入用途としては、公共安全や警察機能の補助、測量やマッピングなどが想定されています。また、同時発表されたマルチセンサーカメラ「Zenmuse H20」と合わせて導入することで、インフラ点検なども可能にするとのことです。

マルチセンサーカメラ「Zenmuse H20」

「Zenmuse H20」は、「Matrice 300 RTK」と合わせて発表された、DJI初のハイブリッドマルチセンサーカメラです。

H20の性能は2,000万画素のズームカメラに1,200万画素の広角カメラに、レーザー距離計を搭載したトリプル仕様。いずれも防水防塵機能IP44の規格を満たしているため、天候などのコンディションが優れない環境においても運用が可能とのこと。

また、同社はH20Tと呼ばれる上位版のカメラの発売も予定しており、こちらはH20のカメラにサーマルセンサーを追加した4つのセンサーによるカメラとしてリリースされる予定です。

参照DJI、長時間55分飛行、2.7kgを積載できる産業用ドローン「Matrice 300 RTK」

メルマガ登録はこちら

急速に進化するロボット分野の最新情報を配信中です!

cta2

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。







この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします