4K/60fps対応のドローン「Mavic Air 2」を発表|DJI JAPAN

画像:DJIより

中国の大手ドローン制作会社DJIの日本法人「DJI JAPAN」は2020年4月28日、同社の一般顧客向けドローン「Mavic Air 2」を発表し、予約受付を開始しました。

同社によれば「Mavic Air 2」は、大型の1/2インチカメラセンサーを搭載することにより、前機種では実現しなかった「4K/60fps」かつ「120Mbps」の撮影スタイルに対応。さらに「最大8倍のスローモーション機能」や、ディープラーニングによる最適な撮影オプションを自動選択する「スマートフォト機能」などを搭載したと発表し、コンテンツ精製能力を大幅に強化した姿を披露しました。

最大34分の持続力と最長6kmの遠隔飛行に対応

「Mavic Air 2」は従来モデルと比べ、バッテリー能力や飛行時間も大幅に強化されています。

同社が明かしたところによると、「Mavic Air 2」のバッテリー容量は3500mAhで、最大34分の連続飛行を実現したとのこと。さらに独自技術OcuSync 2.0も強化され、最長6kmに及ぶ遠隔操作を実現したと明かします。

なお、遠隔操作では障害物への衝突や飛行禁止区域への侵入なども懸念されますが、「Mavic Air 2」は前後に配置したセンサーが障害物を認識し、自動で衝突を抑止する能力も備えたほか、GEOジオフェンス機能により禁止区域への侵入をカバーする機能も搭載されました。

ユーザーからの反響も大きく、「Mavic Air 2」に期待が寄せられています。

参照DJI、1/2型4,800万画素センサー採用の小型ドローン「Mavic Air 2」/Yahoo!ニュース

メルマガ登録はこちら

急速に進化するロボット分野の最新情報を配信中です!

cta2

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。







    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします