船橋市図書館でドローンによる蔵書点検、業務の効率化目指す

画像:株式会社Liberewareより

千葉県船橋市の西図書館はこのほど、京セラコミュニケーションシステムが手掛けるドローンを使った蔵書点検システム「AI蔵書点検システム」の試験導入を実施すると明らかにしました。同システムは、「IBIS(アイビス)」と呼ばれる世界最小クラスの小型ドローンと画像解析AIを組み合わせたシステムです。

これまで船橋市の図書館では、膨大な書籍を管理するため書籍にRFIDタグを貼り付けて、司書や補助者が定期的巡回でタグを読み取り、データと照合して管理していました。ところが、同システムは人間の代わりにドローンが自動巡回して、蔵書を搭載カメラで撮影し、AIが画像からRFUDタグ解析することで在庫管理が可能とのこと。人間の作業量が大幅に縮小し、業務の効率化を実現するとされています。

ドローンによる自動撮影や解析も

「AI蔵書点検システム」では、管内の巡回業務はアイビスが担うため、人間はタブレット端末を通じて手動撮影するだけです。

しかし船橋市では手動撮影にとどまらず、今回の実験ではアイビスを使った完全無人化による蔵書管理実験も進めるとのこと。職員の負担を軽減し、市民サービスの向上に役立てるとの目標を示しました。

参照図書館内でドローンを飛ばして蔵書点検を無人化。船橋市/Yahoo!ニュース

メルマガ登録はこちら

急速に進化するロボット分野の最新情報を配信中です!

cta2

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。






この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします