人や車を自動で回避!春日井市で「自動運転ゆっくりカート」の走行実験

画像:ゆっくり自動運転®グループ/名古屋大学より

愛知県春日井市はこのほど、自宅周辺やバス停までの移動用カート「自動運転ゆっくりカート」の実証実験を進めています。

「自動運転ゆっくりカート」は、名古屋大学未来社会創造機構が中心となって開発を進める協調領域研究による自動運転車両です。車両はヤマハのゴルフカートを改造したものですが、時3次元高精度地図とレーザーセンサーに加えて、ティアフォー社の「AIパイロット」や名古屋大学の自動運転ソフト「Autoware」など、最新テクノロジーを完備。高齢者の近距離移動用を想定しているため、時速15キロ程度・定員2名とスペックは控えめですが、安定的な走行ぶりに期待が持たれています。

春日井ニュータウンを安定走行

「自動運転ゆっくりカート」は2019年以降、春日井市の高蔵寺ニュータウンで実証実験を進めています。同エリアは高齢者が多く居住し、坂道も多いなど移動に不便を抱える環境ですが、カートは信号と連動して自動停止したり、人や車両を検知して回避するなど、巧みな行動を取るなど、実用化に向けかなりの成果を出してます。

なお、春日井市は2年後を目標に、実用化を目指す考えを示しています。

参照自動運転カートの実証実験始まる‥高齢者の移動手段に 愛知・春日井市/Yahoo!ニュース

メルマガ登録はこちら

急速に進化するロボット分野の最新情報を配信中です!

cta2

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。







この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします