トヨタがコネクティッドシティの構想発表│自動運転などの技術集約

画像:参画ご希望者向けウェブサイト/トヨタ自動車株式会社より

トヨタ自動車株式会社はこのほど、米国ラスベガスで開かされた世界最大級の電化製品見本市「CES 2020」で、あらゆるモノやサービスが繋がる実証実験都市「コネクティッドシティ」のプロジェクトを発表しました。

同社によると、プロジェクトは自動運転やモビリティ・アズ・ア・サービス(MaaS)を中心に、ロボットやAI・スマートホーム技術などをふんだんに盛り込み、それぞれの導入検証を行うという壮大なもの。同社従業員やプロジェクト参加者ら2,000名に技術を集約した都市に居住してもらうことで、実際にサービスを体験し、新たなビジネスモデルを生み出す狙いがあります。

2021年、静岡県裾野市に着工開始

トヨタ自動車株式会社によると、2020年末に閉鎖が予定されている、静県裾野市の「東富士工場」の跡地を利用して、2021年から着工する計画です。

同社はこの実証実験都市を「Woven City」(ウーブン・シティ)と名付けており、さまざまなパートナーを集め、新たな街を作り上げていくと発表。将来的に175エーカー(約70.8万㎡)まで拡大する見通しも示しています。

参照トヨタ、「コネクティッド・シティ」プロジェクトをCESで発表/トヨタ自動車株式会社

メルマガ登録はこちら

急速に進化するロボット分野の最新情報を配信中です!

cta2

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。





この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします