角度直接検出型のジャイロセンサーを開発、株式会社東芝

画像:角度を直接検出する高精度ジャイロセンサーの小型モジュールを開発/東芝より

東芝は2020年1月22日、従来は大型製品ばかりだった角度直接検出型のジャイロセンサーについて、小型モジュールの開発に成功したと明らかにしました。

ジャイロセンサーとは、機械が角度を認識するためのデバイスです。ただし、従来の直接検出型センサーはサイズ面に問題を抱え、スマートフォンなど小型製品には搭載できず、精度が劣る小型タイプを使用してきました。今回東芝が開発したセンサーは、こうした課題に対して解決の糸口となる可能性を持つデバイスです。同社は今後、開発と実証実験を繰り返し、2021年移行のサンプル出荷を目指す方針を示しています。

高精度・高機能な角度直接検出型の小型化

これまで、小型ドローンなどに搭載されていたジャイロセンサーは、機械が回転角度を計測し、それを演算して角度認識する方式のセンサーです。

この方式は直接角度を調べるわけではありませんから、回転の角速度を計測し、演算しなければなりません。結果、処理に時間がかかったり、精度が低いなどの問題が生じます。

いっぽうで、東芝が開発したセンサーは、デバイスが回転する角度を直接計測するモデルです。同社はすま微細な電子機器を集積させたMEMSと呼ばれる技術を用いて半導体を製造することにより、大幅な縮小化を実現したとしています。

参照東芝、ドローンにも積める世界初の高精度なジャイロセンサー小型モジュール/Yahoo!ニュース

メルマガ登録はこちら

急速に進化するロボット分野の最新情報を配信中です!

cta2

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。





この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします