Google|量子プロセッサー「シカモア」で量子超越性を証明

画像:Hello quantum world! Google publishes landmark/nature.comより

英国科学メディアの「nature」は2019年10月23日、米国グーグル社の量子コンピュータープロセッサ「Sycamore(シカモア)」が、従来のスーパーコンピューターでは難しかった演算について「量子超越性」を実証したと明らかにしました。

量子超越性とは、従来のスーパーコンピューターでは処理が難しいとされる計算を、量子コンピューターならカンタンに解いてしまうというもの。ネイチャーは、グーグルが従来のコンピューターでは約1万年がかかるという難問「ランダム量子回路サンプリング」と呼ばれる演算を実施したところ、同社の量子コンピューターはわずか3分20秒で解き終えるという驚異的な成果を達成したと報じています。

53個の量子を操る「シカモア」

今回話題に上った「量子超越性」の証明は、「量子ビット」と呼ばれる情報単位がカギを握っています。

量子ビットとは、従来の二進数の値だけでなく、その重複状態を処理することで、よりたくさんの値の運用を実現した情報単位です。グーグルはこの量子ビット技術を「シカモア」に53個ほど搭載し、これほどのパフォーマンスを実現したと述べています。

「従来型でも2日半で達成できる」IBMなど反論

ただし、現段階では発表内容に対して疑念を持つ意見も少なくありません。量子コンピューターの開発を目指すIBM社に所属する開発関係者は、グーグルが実験に用いた演算の内容を指摘して「従来型のコンピューターでも2日半ほどで解けるはずだ」と反論しています。

また、量子超越性」の定義についても、誤解を招きかねないと批判。量子コンピューターと従来型のコンピューターは、それぞれの強みが違うため、並存関係にあるのではないだろうかと述べています。

参照Hello quantum world! Google publishes landmark/nature.com

メルマガ登録はこちら

急速に進化するロボット分野の最新情報を配信中です!

cta2

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。





この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします