レベル3含む自動運転技術の実用化目指す、ホンダミーティング2019にて発表

ホンダは2019年7月4日、同社イベント「ホンダミーティング2019」にて、自動運転技術の開発状況について詳細な説明を進めました。

同社は会場にて、2020年までに目指している自動運転技術について、

  • 連続的に車線変更を行う技術
  • 渋滞時など、低速状態での自動運転機能
  • 同一車線での運転維持

いずれもハンズオフ機能で走行できるよう技術開発を進める考えを示しました。

世界初の技術目指して

今回ホンダが発表した技術のうち、低速の自動運転機能と、連続的な車線変更技術は、まだ世界のどの企業も実用化に至っていない技術とされています。とくに低速の自動運転技術は、自動運転の5段階技術要素のうち「レベル3」に該当する高度なもの。他の機能についても、現状最高レベルと言って良い「レベル2」に該当する技術です。

ただし、同社は実用化の具体的な日程については「現時点では答えられない」との見方を示しています。国内での法整備や社会的な受容性の兼ね合いもあり、総合的に決定するものと見られています。

参照一部「レベル3」の高速道自動運転を2020年に確立…ホンダミーティング2019/Yahoo!ニュース

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。[登録無料]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします