ドローンを使って住宅調査!「スカイロボット」が新サービスを提供開始!

スカイロボットより

産業用ドローンの開発や販売を手掛ける「株式会社スカイロボット」は2018年5月24日より、ドローンを使った家屋の災害調査状況をレポートする「ルーフインスペクション・サービス」の提供を開始しました。

同サービスは国内での導入事例が無く、今回スカイロボットが始めた事業が初事例。住宅診断から保険金算定まで、幅広い活躍が期待されています。

改正宅建業法により活躍の機会が増大

2018年4月に改正を迎えた宅建業法では、住宅の売買を行う際にインスペクションを行うことを宅建業者に義務付けています。

ところが、実際にインスペクションを行う場合、屋根に登る必要があるため大変な労力が必要です。また、高所に登ることにより事故が発生するリスクもあります。

そこでスカイロボットは、「ルーフインスペクション・サービス」としてドローンを使った住宅診断を開始。各部の寸法を測りレポートとして提出するとのことです。

災害発生時の被害額の確定にも便利

同社が提供する「ルーフインスペクション・サービス」は、住宅診断以外に、自然災害による被害額の算定にも活躍が期待されています。

保険金を支払うためには被害額を確定しなくてはなりませんが、今回のサービスにより従来よりも格段に調査時の負担は軽減。

屋根の勾配や雹による被害調査も可能とのことです。

参照スカイロボット
参照Yahoo!ニュース

・ロボットや人工知能IoTなどの最新ニュース
・ロボファンの更新情報
・イベントやキャンペーン情報

ぜひ下記よりメルマガ登録をお願いいたします。[登録無料]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします