自動運転荷物配達システム「ロボネコヤマト」で配送実験、ヤマト運輸×DeNA



画像:ロボネコヤマトより

宅配サービス企業のヤマト運輸とディー・エヌ・エー(DeNA)と2018年4月24日、神奈川県藤沢市の住宅街周辺で、宅配便を配送する実験を行いました。

実験はドライバーが運転席に搭乗した状態で、約6キロの公道を走行。更に今回はドライバーが運転席に座らない状態で、一部封鎖した環境下の住宅街を走行し、利用者に荷物を配送したとのことです。

ロボネコヤマトは市内7地区で走行

今回の実験で使用されている「ロボネコヤマト」は、既に2017年4月から市内7地区で実験を継続しています。

普段は有人運転環境下で実験が行われていましたが、今回は実際に自動運転技術を導入した時の課題を見つけることが目的とのこと。両社は自動運転技術を確立させ、将来的に人手不足問題や再配達問題の解消を目指す考えです。

携帯電話網を使った実証実験も

なお、今回の実験で両社は、携帯電話網を使用して信号情報をロボネコヤマトなどの自動運転車に送信する技術実証も行いました。

両社によると得られたデータは2018年5月末までに分析を進め、安全面を中心に検証を行う考えです。

参照ロボネコヤマト

こちらのページもご覧ください。