KDDIとプロドローンが業務提携、技術の融合に期待



画像:KDDIより

大手通信関連企業の「KDDI株式会社」は2018年4月9日、産業用ドローン開発関連会社の「株式会社プロドローン」に対して、追加出資および業務提携契約を結んだことを公表しました。

KDDIは今回の発表により、プロドローンがKDDIの持分法適用関連会社になったことも発表し、両社の繋がりを強調した形です。

プロドローンの開発期待をプラットフォームで運用

KDDIは今回の発表において、同社が2016年12月より運用開発を進めるドローン専用基盤の「スマートドローンプラットフォーム」を、プロドローンが保有する高性能機体にかけ合わせることを発表。

同社が掲げる多様な分野でIoTドローンが活躍する「スマートドローン構想」の推進を宣言。日本のドローン技術の更なる向上に期待が寄せられています。

プロドローンの機体

KDDIが注目するプロドローン社は、様々なドローンの開発を行っている企業です。産業用ドローンを中心に幅広く活動しており、トンネル点検や測量・倉庫内巡回に水中撮影・警備などなど、様々な用途での運用実績を有しています。

そんなプロドローンの開発機体が、KDDIが持つ「スマートドローンプラットフォーム」でどのような活躍を見せてくれるのか、今後も目が離せそうもありません。

〈参照〉KDDI、産業用ドローンを開発するプロドローンと資本提携、業務提携を強化/KDDI

こちらのページもご覧ください。