ウーバーの自動運転車で死亡事故発生、米国トヨタ子会社は実験を一部中止



2018年3月18日、米国の大手配車サービス企業「ウーバー・テクノロジース」が所有する自動運手車が歩行者との衝突事故を起こし、被害者が死亡するという事件が起きました。

この事故は米国内で非常に大きな影響を及ぼしており、「自動運転は早すぎるのではないか?」、「技術的に不可能ではないか?」などの批判が噴出。自動運転を巡る様々な思惑が入り乱れています。

トヨタ子会社は米国で実験を一部停止

自動運転技術の開発競争は、自動車業界にとって死活問題へと繋がる要因の1つです。EV技術と並ぶ次世代自動車関連技術の中核を担っており、自動車業界の主導権に重大な影響を及ぼすものと見られています。

ところが、トヨタ自動車は今回の事件を受け、米国子会社による自動運転車の試験走行を一部停止することを発表。急速に進みすぎる技術開発競争にストップをかけた形です。

完全自動運転の停止を宣言

トヨタはAI制御による完全自動運転技術と、ドライバーの一部業務をシステムが担うアシスト技術を並行して開発しています。

今回の発表で中止を宣言したのは、完全自動運転技術とのこと。同社は事故の原因について推測は行わないとの前提のもと、試験車両に搭乗するドライバーを慮ったものと述べています。

〈参照〉トヨタも自動試験走行を一部中断へ、ウーバー社の死亡事故受け/Yahoo!ニュース

こちらのページもご覧ください。