日産×DeNA「Easy Ride」の実証実験を開始



画像:Easy Rideより

2018年2月23日、大手自動車メーカー「日産」とIT関連企業の「DeNA」は、自動運転車両を駆使した交通サービス「Easy Ride」の公道実験の開始を宣言しました。実験はみなとみらい地区を中心に、2018年3月5日~3月18日まで行われる予定です。

「Easy Ride」は日産の「リーフ」をベースにした、レベル4相当の技術を持つ自動運転車両。一般道路でのレベル4走行は技術的に難易度が高いと指摘されてきましたが、両社は走行区域を限定することで、この難題をクリア。みなとみらい地区の主要施設を周回すると期待されています。

最新設備を充実搭載!

今回導入される車両には、自動運転に欠かせない「ライダー」が合計6カ所搭載されています。更に前方はより安全性を高めるために、ステレオカメラに加えて3個の単眼カメラ&レーダーを装備。周辺確認用に前後左右にも多数のミニカメラが取り付けられています。

言うまでもなく「ライダー」は非常に高額なパーツであり、その他センサーも非常に高性能なものを採用。実験に対する両社の本気度が伺えます。

なお、今回の走行は自動で行われますが、日産の開発者が運転席に座ってトラブル対応を行うとのこと。また、遠隔操作による車両管制システムも導入することで、より安全性を高めた形です。

イージーライドがもたらすメリット

「Easy Ride」は見方によっては完全な自動運転車とは言えないかもしれませんが、それでも大きなメリットが期待されています。

  • 時間帯を問わず気軽に呼び出すことができる
  • 人件費抑制による配車コストを大幅にカット
  • 運転ができない方の交通手段の増加

現在においても、なお課題の多い自動運転技術ですが、着々と実現に近づいています。

〈参照〉
日産自動車とDeNA、共同開発中の新しい交通サービス名を「Easy Ride」に決定/DeNA

こちらのページもご覧ください。