ドコモがドローン用プラットフォーム「ドコモスカイ」を開発



画像:NTTdocomoHPより

2018年2月21日、NTTドコモはドローンの運用プラットフォーム「ドコモスカイ」を開発したことを公表しました。ドコモスカイは第4世代以降の移動通信方式に対応しており、飛行ルートの設定や遠隔操作、収集したデータの解析まで一元的に行うシステム。

設備の点検や農林水産、災害救助活動など多方面での活躍が見込まれています。

年内の商用化を目指す

東京都内で行われた記者会見によると、今回開発されたドコモスカイは、主にドローンを活用した事業を展開する法人向けのサービスとのこと。「仕事が大幅に効率化・高度化できる」と述べており、多くの分野で生産性の向上が期待されています。

ドコモの目算としては年内には商用化を実現予定。更に平成32年までに売上100億円程度が見込まれると説明しています。

東京電力との協力も表明

なお、ドコモは今回の発表に合わせて、東京電力ホールディングスとドローン分野で協力を行う方針を検討。東京電力が保有する送電線を活かすことで、飛行ルートの整備や効率化を行う考えを示しています。

全方位で需要が拡大するドローンにとって、新たな局面となりそうです。

<参照>

ドコモがドローン用プラットフォーム開発 農水産業などに活用 今年中に商用化へ/産経新聞

ドローンを活用したビジネスを支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発/NTTdocomo

こちらのページもご覧ください。