Intel、平昌冬季五輪のドローンショーで1218機を使用。ギネス更新へ



画像:Intel HPより

2018年2月9日、米国の大手半導体企業のIntel(インテル)の提供するドローン「シューティングスター」が、平昌冬季オリンピックに登場。

搭載したLEDライトを駆使して、空中にて五輪の輪を表現するなど様々なパフォーマンスを披露し、会場を沸かせました。

同時飛行でギネス記録を更新

Intel社によると、今回のオリンピックパフォーマンスで使用した「シューティングスター」の数は合計1,218機。

これは同じく、ドローンの同時飛行パフォーマンスで知られる「ハウステンボス」の記録を大きく塗り替えるもの。ギネス記録を更新する快挙となりました。

Intelの技術が光る「シューティングスター」

今回平昌冬季オリンピックの開幕式に使用された「シューティングスター」は、重さ約330グラムのクアッドタイプのプロペラを持つドローンです。

同機体は様々な発色が可能なLEDを装備しており、アルゴリズムにより行動を決定。行うパフォーマンスにもよりますが、多くの場合では1日~数週間程度で操縦側の意図した動作を行うとのことです。

<参照>

平昌五輪の空を飾ったIntelのLEDドローンショー、1218台でギネス更新/ITmedia NEWS

Intel Drone Light Show Breaks Guinness World Records Title at Olympic Winter Games PyeongChang 2018/Intel

こちらのページもご覧ください。