ルノーら3社が「滴滴出向」とEVカーシェアリングで協業を締結。



画像:滴滴出行HPより

2018年2月7日、中国の大手配車サービス企業「滴滴出行(ディディチューシン)」は、大手自動車会社であるルノー・日産自動車・三菱自動車らと、EV車を使用したカーシェアリングプログラムに関する協業を発表しました。

滴滴出行らによると、今回の協定は中国国内の将来的な案件を想定しているとのこと。急速に浸透するEV車が、既存の自動車産業に地殻変動を起こしています。

中期計画「アライアンス2022」を明確化

ルノーや日産らは、2017年に年間シナジーを100億ユーロ相当に倍増させる中期計画「アライアンス2022」を発表しています。今回の滴滴出行との協業は、世界規模で進む同計画の一環です。

なお、ルノーらは同計画が終了するまでに、EV技術の共用プラットフォームや共用パーツを開発。合計12車種のEV車両の発売を予定しています。

滴滴出行「業界リーダーとの戦略的な提携」

今回の協業について、滴滴出行の「総経理」陳汀氏は、ルノーらの業界リーダーたちとの提携について喜びを表明。

ルノーらと提携することで、ライドシェア・人工知能および新エネルギーなどの分野で、革新を起こすことを目標にすると述べています。

<参照>

ルノー・日産・三菱自動車、中国の配車アプリ大手「滴滴出行」とEVカーシェアリングで協業/Impress Watch

THE FUTURE OF CONNECTED VEHICLES AND MOBILITY SERVICES – EPISODE 3

こちらのページもご覧ください。