NTT|複数のAIを連携し「雑談型AI」を開発、京都市動物園で実証実験



2018年1月31日、NTTは、複数のAIを用いて対話への関心度を高める、新感覚AIを開発したことを発表しました。発表されたAIは「ヒト対AI」であった従来のものと異なり、複数のロボット同士が会話のコントロールを行うという画期的なもの。

シンプルな「Q&A」だけでなく雑談を交えながら、違和感なく会話をすることができると説明しています。

雑談の重要性に着目

今回の発表は、同社が研究を進めるAI関連技術「corevo」の一環として行われたものです。同社は従来の単純な会話システムに比べて、雑談や対話を交えた方がユーザーとAIが打ち解けやすい点に着目。

複数のAIが連携して会話内容に厚みを持たせることで、伝達内容をより深く伝えることができるように改良しました。また、同方式を採用することで、会話内容の破綻や違和感も消失するとのことです。

京都市動物園で実験予定

なお、NTTによると今回の対話型AIは、京都市動物園で実証実験を行われる予定です。期間は2018年2月1日~2月28日と約1か月間。

AIの会話内容を「動物園に関する話題」に限定することで、より自然な会話が行えるように目指すとのこと。来園者との会話を記録・収集することで、より高度な人工知能の開発を進めると説明しています。

〈参照〉
2台のロボットが自然な会話を誘導ー雑談交えながら知識を伝える新感覚のたいわAI NTTが開発/Yahoo!ニュース

こちらのページもご覧ください。