DJI社注目の新型ドローン「MAVIC_AIR」が登場!



画像:DJI HPより

大手ドローンメーカー「DJI社」が、新型ドローン「MAVIC_AIR」の発売を開始しました。同機体は人気機種「MAVIC_PRO」に迫るスペックを持ちながら、「MAVIC_PRO」よりずっと小型化・軽量化に成功。

得意の高解像度「4K空撮」や、安定性の高い飛行制御機能を武器に、自由で様々な楽しみ方を実現します。

高性能空撮ドローンとして必要十分なスペック

今回発表された「MAVIC_AIR」は、最高飛行速度「68.4km」に加えて最高航続距離「約21分」と十分なスペックを発揮。更に最大風速が秒速10m・高度5000mに至る環境下でも、安定した活動が可能とのこと。

本体重量は約430グラムと小型化しており、同社の従来製品と比べ、より手軽で持ち運びやすいドローンに仕上がっています。

快適な操作性が注目を集める

通常、ドローンは高性能化するにつれて操作難易度も高まるものですが、「MAVIC_AIR」では飛行制御ソフトウェアを導入することで、円滑な操作を実現。障害物や複雑な地形での運用にも対応しているとのことです。

また、搭載カメラされた非常に高性能。複数の被写体を同時に認識できる上に、移動中の物体を自動検知・追尾します。DJI社のドローンでは初となる、8GBの記憶装置も内蔵しているとのことです。

<参照>
DJIの新型ドローン「Mavic Air」が正式発表。Mavic Proから超サイズダウン、なのに中身はほとんど同じ/GIZMODE

 

こちらのページもご覧ください。