世界初!ドローンによる海難救助、救命用具投下で少年救う



2018年1月18日、オーストラリアの「ニューサウスウェールズ州(New South Wales)」において、強烈な波により沖合に流された海水浴客を、「ドローン」による救助活動が行われたことが明らかになりました。

地元メディアは「ドローンによる世界初の海難救助」と報じており、多くの注目を集めています。

僅か1~2分で救命用具を投下

事件が起きたのは同州東海岸のレノックスヘッド。同海岸で遊泳していた少年2名が、突然荒波に見舞われ、沖合に流れる事件が発生しました。

目撃者らから連絡を受けたライフセーバーは、直ちに救助活動を行うべくドローンの操縦士に連絡。現地に到着したドローン操縦士は巧みにドローンを操り「飛行開始からわずか1~2分」で、救命用具の投下に成功したとのことです。

災害救助分野におけるドローンが持つ可能性

今回のドローンの活躍は地元メディアを中心に瞬く間に広がり、世界中に衝撃を与えました。元々オーストラリアでは多くのドローン技術の実用化が推し進められており、今回は1つの実を結んだ形です。

同海岸ライフセーバーの監督者らは、「従来の有人による救助活動では、遭難者に対して救命措置を取るまでに、より多くの時間を必要とした」との見方を示しており、改めてドローンが持つ可能性に広がりが期待されています。

〈参照〉
世界初のドローン救命?沖合の少年に浮き具投下/Yahoo!ニュース

こちらのページもご覧ください。