米GM|完全自動運転車「クルーズAV」を発表、2019年実用化目指す



2018年1月12日、米国GM(ゼネラルモーターズ)は、自動運転車「クルーズAV」の公道走行許可を運輸省に申請したことを明らかにしました。

同社は2019年までに自動運転の公道走行を成功させる計画を打ち立てており、急ピッチで開発を進める構えです。

完全自動運転車として開発された「クルーズAV」

今回注目を集めることとなった「クルーズAV」は、GMが初めて量産化を想定した自動運転車です。主な特徴は以下の通り、ほぼ完全な自動運転車両としての能力を有しています。

  • ドライバーなしで安全に走行管理を行うシステム
  • アクセルやブレーキを搭載しない車内
  • 手動操作スイッチも完全に排除

ソフトウェア×ハードウェアの融合

GMはこうした自動運転技術の進展において、米国シリコンバレーが培ってきたソフトウェア知識と、デトロイトを中心に広がるGMの製造技術を融合させることにより、次のステップに進むことができると発表。

同時に、自動運転技術の開発は交通事故全体の94%を占める「ドライバーの人為的ミス」を排除することに繋がり、悲惨な交通事故からの解放を訴えました。

事実、自動運転技術が完成することにより、自動車業界は大変動。わたしたちドライバーはライフステージやそれに伴う身体能力の低下に悩まされることなく、快適なドライビングが期待できるでしょう。同社の今後の開発に、期待が寄せられます。

〈参照〉
米GM、ステアリングやペダル類を持たない完全自動運転の量産車「クルーズAV」を2019年までに実用化/Car Watch

こちらのページもご覧ください。