ロッテトッポに「カラマンシー味」AIによるトレンド分析から新商品誕生



消費者の嗜好性をAIは捉えることができるのでしょうか。そんな疑問に答えるかのように、12月22日より、ロッテの人気商品「トッポ」シリーズに新たな商品が仲間入りします。

ロッテによると、今回の新商品はなんと「AI」が選定に加わっているとのこと。「ロボファン」的にも、かなり期待できそうです。

AIが売れると判断「カラマンシー味」

さて、気になるお味ですが…その名はなんと「カラマンシー味」。多くの方にとって、恐らく見た事も聞いたこともない味なのではと思います。

私自身、初めて耳にした時はカラマンシーが一体どんな食べ物か、まるで想像がつきませんでした。(ちなみに、カラマンシーは東南アジアの果物とのことです)

AIがどうしてこのような突拍子もない味を選定したのか、気になるところではないでしょうか。

AIを使った新世代マーケティング

ロッテによると、今回の味選定は合計1,000万件の食品嗜好性を、約8万件の食品関連サイトから収集。ロッテが保有するAIプログラムにインプットすることで、トレンドを分析した最終判定とのことです。

自信満々の様子ですが、果たして売れるのだろうか…ロッテ関係者でなくとも気になる部分ですよね。そんなカラマンシー味は、2017年12月22日よりオンラインショップにて1,500セットの限定販売を行うとのこと。

年末のサプライズや、ちょっとしたひと時に、1セット楽しんでみては如何でしょうか。もしかすると、あなたもカラマンシー味のファンになってしまうかもしれません。

こちらのページもご覧ください。