BMW、チェコに新たなテストコースを建設



画像:レスポンスより

12月15日、大手自動車メーカー「BMWグループ」は、チェコ共和国に新たなテストコースを設置することを公表しました。同社発表によると該当テストコースは、自動運転や電気自動車の開発を推進する目的で建設するとのこと。

大手自動車メーカーの大胆な決断とあって、多くの注目を集めています。

数百万ユーロの巨額投資

DMWが建設する予定のテストコースは、500haとあまりに広大な規模。敷地こそチェコ共和国に属しますが、BMWの開発拠点であるドイツ「ミュンヘン」から車で2~3時間でアクセス可能な好立地です。

同社は今回の建設において数百万ユーロを投じる予定を示していますが、同時に数百の雇用も生むとも述べています。技術開発面だけでなく、社会環境面においても大きなメリットを生む事は間違いなさそうです。

ADAS「先進運転支援システム」など複数の実験を加速

BMWグループの上級副社長である「Herbert Grebenc」氏は今回のテストコース設置に先駆けて、開発を進めているADAS(先進運転支援システム)を中心とした自動運転関連技術・安全性のテストを進める意思を示しています。

多くの自動車企業が無人運転・電気自動車に視点を移すなかの決断として、今後の傾向に拍車をかけることとなるでしょう。

<参照>
BMWが新テストコース建設へ、自動運転や電動車両の開発を強化/レスポンス

こちらのページもご覧ください。