国内初、ドローンを使った空中基地局の実証実験に成功‐KDDI



画像:KDDI株式会社HPより

12月14日、大手通信関係企業の「KDDI」は、携帯電話用の基地局を搭載したドローンの飛行実験を成功させたと発表しました。

同社によると、災害発生時に電波基地局などの通信インフラが機能停止しても、ドローンが基地局なり通信環境を整えることで、よりスムーズな復旧が可能とのこと。

ドローンを使った新たな可能性として注目を集めています。

独立運用可能な基地局を搭載

KDDIらの発表によると今回ドローンに搭載した基地局は、通信に必要な機能を一通りそろえた独立型。災害発生時には飛行しながら基地局としての役割を果たすことで、一時的な通信環境を提供する狙いがあります。

また、位置情報を把握する機能も備えているため、被災者が所持する携帯電話の電波捕捉も可能。救助や捜索活動に威力を発揮すると説明しています。

国内初の試み

今回KDDIが行った「ドローン基地局」の実証実験は、国内で初の成功例。空中からのサービス提供だけでなく、圏内に存在する端末台数を把握したり、災害情報などの一斉配信を行う実験も行われたとのことです。

近年は異常気象による大規模な災害が多く、通信インフラの破損に対するリスク拡大を防ぐ役割が期待できるでしょう。

<参照>
災害対応向け「ドローン基地局」を活用した通信手段確保の実証実験に成功/KDDI株式会社 株式会社KDDI総合研究所

KDDI、災害対応向け「ドローン基地局」の実証実験に成功/CNET Japan

こちらのページもご覧ください。