「NAVERまとめ」にAIを使った著作権保護システムが登場!



画像:ITmedia ビジネスオンラインより

11月29日、ネクストライブラリは同社が運営する大人気キュレーションコンテンツ「NAVERまとめ」に、AIによる著作権管理システム「Lisah(リサ)」をテスト導入することを宣言しました。

同サービスはまとめ作成者に対して報酬を支払うことでコンテンツの増産を行っており、2017年1月には月間PVは約22.3億を記録しているとのことです。

「Lisah」が持つAIの実力

同社発表によると「Lisah」に搭載されたAIは、予め登録された著作物に対して、AIが自動でまとめ記事に使用されたデータを検索。不正利用があった場合は検出し、実例をリストアップすると述べています。

また、同AIの検出率は現段階で約96%とかなりの高性能。同社はこれに満足せず、更に検出率の向上に努める構えを見せています。

なお、著作権者側は不正利用が発見された場合、簡単なクリック作業でその不正利用をブロックできると述べています。書類手続などは必要なく、ネット完結できるとのことです。

オーサーランクを導入し信頼性を向上

なお、今回の発表で「Lisah」とともに公表された、「オーサーランク」も重要な著作権保護コンテンツとして期待が寄せられています。このランクはまとめ記事作成者のプロフィールや経歴を公表することで、閲覧者に対して情報の信頼性を表示するというもの。

ネットの世界の安全性に関わる部分として、重要なシステムとなりそうです。AIの本格的な社会進出の1歩として、今後の動向に注目が集まっています。

<参照>「NAVERまとめ」に著作権管理システム導入 AIが画像の不正利用を検知/ITmedia ビジネスオンライン

こちらのページもご覧ください。