「Rapyuta Robotics社」がクラウド制御型の法人向けドローンの試作機を発表



画像:Rapyuta Robotics HPより

11月15日、ドローンやロボット開発を手掛ける「Rapyuta Robotics社」は、クラウド対応型の産業用ドローンの試作品を公表しました。従来の機体と異なり、操縦者と大きく離れていても活動が可能なため、その有用性に注目が集まっています。

同社発表によると、操作はWebブラウザなどを通じて簡単に制御できるとのこと。離陸や着陸はAIが行うため、専門技術を持たない一般人でも利用可能です。

ステーション数を増やして活動範囲を拡大

「Rapyuta c.drone」と名付けられたこの機体は、普段は充電機能を搭載したドッキングステーションに滞在し、ユーザーの指示に従って飛行を開始します。

同社はこの機体の最大の長所である「クラウド接続による広範囲移動」を最大限に活かすため、ユーザーにはステーションごと貸出先の敷地に設置することを予定。

必要な時だけ料金を支払う従量課金システムを採用することで、そのポテンシャルを引き出す狙いです。

法人用ドローンとしての商品展開を狙う

「Rapyuta Robotics社」CEOのアルドチェルワン氏は、「今市場で一番売れているドローンは、自律飛行しデバイスと接続できるもの。」とニーズを認識したうえで、より高い自律性や拡張性を持つドローンを提供する考えを示しています。

同社発表によると、今回発表した機体は現在こそ試作品であるものの、今後は法人向けの広範囲警備や施設や構造物の点検作業用途などを想定しているとのことです。

<参照>
Rapyuta Robotics、クラウドロボティクス・プラットフォーム「rapyuta.io」を活用した産業向け自律飛行ドローン(ベータ版)発表/Rapyuta Robotics社

クラウド接続する全自動飛行の産業用ドローン、β版公開 「世界中のどこからでも制御」/ITmedia NEWS

 

こちらのページもご覧ください。