Amazonがまた特許を取得!走行中に充電可能な「ドローン型バッテリー」



画像:TechCrunchより

ドローン関係の特許を続々と取得しているAmazonは、今回ドローン型バッテリーを使って電気自動車を充電するシステムの特許を取得しました。
このシステムは「移動中の車両」に対して充電を行うことができるため、関係者から注目が寄せられています。

バッテリーの低下を検知して自動充電

今回発表された技術は、なんとバッテリー容量の少なくなった電気自動車に対して統制センターと交信し、その進行方向に対して電気自動車用のバッテリーを持ったドローンを配送するというシステムです。

同社によると、ドローンが対象の電気自動車に接近すると電気自動車から充電用端子が放出され、充電を開始することができると述べています。

なお残る課題

とても画期的なシステムに思える今回の特許システムですが、実用化にはいくつかのハードルがあると各方面から指摘されています。

移動を続ける車両に対してドローンが本当に追いつくことができるのか、あるいはドローンのバッテリーで持つのかといった疑問点です。
現在のところ、同社からこのような疑問に対する回答は行われていないようですが、どのような解決方法で実用化に漕ぎつけるのか、興味が集まる部分です。

<参照>
アマゾン、ドローン型バッテリーで走行する電気自動車を充電する特許取得/sorae.jp

United States Patent and Trademark Office

こちらのページもご覧ください。